個人でできる出版方法

自費出版の失敗例と成功例



自費出版の失敗例と成功例

自費出版の失敗例と成功例 本を商業ベースの企画として出版社に持ち込まなくても、自費出版という方法を利用すれば、出版することはできます。
しかし、自費出版の多くの事例は、商業的にはうまくいかず、損失を発生させていまいます。
自費で出版された本を買う読者のほとんどは、著者の関係者であり、書店に並んだとしてもほとんどが売れずに返品されてしまいます。

しかし、有名になった著者の中でも、自費出版で始めた人は大勢います。
成功した事例を見ると、作品自体の出来が良かっただけではなく、著者自身がプロモーションや広告戦略を、自ら行っています。
書店に並んだだけでは、購買者の手に届くことはほとんどなく、著者が行ったプロモーションなどは、失敗と成功を分ける非常に重要な要素になります。

自費出版の多くの事例は、単純に利益をあげることができたかという点で判断すると、失敗例になります。
成功するためには、本を書く以外のビジネス戦略を、著者自ら行う必要があります。

自費出版はかかる費用を回収できる?

自費出版はかかる費用を回収できる? 商業用として出版社に原稿を持ち込まなくても出版できる、自費出版は便利なものです。
しかし、出版をすることと、費用を回収することは別の問題であり、出版をできたとしても、出版にかかる費用を回収できるとは限りません。

自費出版で、本を世の中に出すことは、原稿や本のカバーが決まっていれば、比較的簡単です。
しかし、十分な数を販売をするためには、マーケティングや広告などの販売戦略が必要で、決して簡単ではありません。
出版をできたとしても、出版社が十分にマーケティングなどをしてくれるケースは少なく、出版にかかる費用を回収できる可能性は、現実的には高くありません。

自費出版にかかる費用を回収するためには、地元の書店に本の陳列を頼んでみたり、自分のSNSやブログで発信したりと、自分でも行動する必要があります。
自費出版の場合、出版にかかる労力と、販売にかかる労力は別のものなので、出版社に頼り過ぎずに、地道に販売活動をしていくことが大事です。

新着情報

◎2018/2/6

自費出版の失敗例と成功例の情報を更新しました。

◎2017/12/14

メリットとデメリットの情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「費用 回収」
に関連するツイート
Twitter

EVEにおける艦船やモジュール、インプラントなどの性能を評価する時には費用対効果も重要です 例え高性能でも、その分利益回収するのに3年かかるなんてのは馬鹿らしいです

TwitterEVEonlineプレイヤーの妹bot@EVE_dokuimo

返信 リツイート 49秒前

RT @shameimal_fumi: 東方甲州祭が志位委員長の発言に該当する。 上州祭もそうだったが、保証しないなら自粛は受けられない。 お客様が少なくてでも、多少でも会場費用等が回収できるならやるしかない。 「50人以上集まるイベントはやめて下さい」と言われても「こっちは…

返信先:@shiikazuo やっぱり、ベーシックインカムを配った上で、年金その他の安定した所得のある人から、配った分を税金として回収するのが、費用対効果の面でよいのでは。

一律給付して、自粛のための生活費用に当てさせる、そのあと所得に応じて一部回収、それでいいじゃん。何なの???

Twitterまいきち<推し愛とアレルギー呟く人>@maikichikun

返信 リツイート 14:29

宇宙の法則が乱れる!じゃないですがビジネスモデルが崩れる。収益と費用の関係性と長期投資・回収、短期収支のバランスがガラッと変わってしまって、ここを意識してコントロールしないと潰れる。インフラに近い業界ほど猶予があるけれど。

TwitterRe:ゼロから始めるKOSUMAS@kosumashed

返信 リツイート 14:06

仮に全部補償しようとしても、その費用回収は絶望的やろうだから、財務省は絶対首を縦には振らんやろな…(´・ω・`)

海外にばらまいたお金を回収してきてください。費用は自腹で

ネルケ、なるべくかさばらなくて推しの存在を感じられる費用回収効率のいいグッズをたくさん出して欲しい 具体的にいうとブロマイド

子供3人共に会社から直帰だし休みはウチに居るし食費がバカにならない、今月から回収費用Upだな

返信先:@elonmusk他1人 一段目の回収実況ですか、凄い技術ですね。使い物になったから費用効果が大きいでしょう。