個人でできる出版方法

近年の出版事情について



理想の本が作れる自費出版

理想の本が作れる自費出版 自費出版はその名の通り、自分である程度費用を出して本を出版する事です。全額なのか、半額なのかは出版社によって異なります。
出版社が全額出版費用を負担してくれる商業出版と比べて自費出版はある程度自由があり、自分の理想の本を出版する事も出来ます。
商業出版はどうしても「商品」としての位置づけなので、出版社は儲けが出るような内容でないと絶対に出版してくれませんし、出版企画すら通りません。
自費の出版は自分の半生や旅行記、小説など公序良俗に反しない限り、出版は可能です。
また、大手出版社でも自費専門の出版を手掛けている所もあり、そういったところでは現役もしくは元プロの編集者が担当に就くこともあります。
商業出版ですと、ある程度部数を刷らないといけないのですが、自費出版ですと、50~100部からといった小ロットから本を制作してもらえます。
商業出版と比べると、本屋に並んだりすることは少なく、市中の流通数は少ないのですが、こだわりの本を作りたいといった方にはおすすめです。

自費出版で妥協しない方がいいポイントとは?

自費出版で妥協しない方がいいポイントとは? 自費出版をする際には、いくつか妥協しない方がいいポイントというのがあります。
その一つが表紙と裏表紙に関してです。
基本的にはハードとソフトと呼ばれるカバーに分けられます。
たいていの場合は前者の方が費用は高くなる傾向が強いです。そのため少しでも安く自費出版したいと考える人は、ソフトカバーにしてしまいがちです。
ところが、ハードカバーと比較すると、どうしても安っぽく見えてしまうのです。自分だけで楽しむための本でもない限りはハードカバーにしておく方が無難でしょう。
それから何部刷るのかといったことにも注意しておきたいところです。
当然ですが、たくさん刷るとそれだけお金がかかります。知り合いやお世話になった人にだけ配るなら、目的の部数を刷っておくだけで構いません。
ただし、一人でも多くの人に読んでもらいたい、プロの作家としてデビューしたいのであれば、できるだけ妥協せずに多く刷りたいです。
自分で判断できないなら、出版社に相談すると良いです。

新着情報

◎2018/2/6

自費出版の失敗例と成功例の情報を更新しました。

◎2017/12/14

メリットとデメリットの情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 夢」
に関連するツイート
Twitter