個人でできる出版方法

メリットとデメリット



メリットとデメリット

メリットとデメリット 日々文章を書き綴っている方にとって、自分の著作物が出版され本になるのは夢と言えるでしょう。
商業出版は大きな壁があり、容易に出版にこぎつけることはできません。そこで登場するのが自費出版という方法です。この方法のメリットは何と言っても、自分で費用を支払えば誰でも出版が可能という事です。
新人賞などそういった実績がなくても構いません。商業出版のように編集者がやってきて、著作物に対して意見を言う事がないので制約なく出版可能です。エッセイや小説、絵本など好きな作品を専門業者に委託する事で校正や印刷、そして出版まですべてお任せする事ができるので安心です。
出来上がった著作物を店頭に並べることも出来ますし、記念作品として友人知人に配って楽しむことが出来ます。デメリットは自費出版の費用になります。費用は決して安くはなく、数十万から数百万までと安くはありません。
これほど価格幅が広い理由はカバーの種類・ページ数・部数・カラー印刷などによって大きく変化するからです。費用対効果をよく考えて決めるべきです。

自費出版で後悔しないために大切なこと

自費出版で後悔しないために大切なこと 近年では、趣味の世界を形として残したいと考えて詩集や画集または、小説を本にする方が増えています。本にすると言っても様々な方法がありますが、一番多いのが自費出版の形です。
本を出すには、印刷をしてくれる業者を探す必要があり、更にしっかりと製本できる技術を持っている事が重要です。後で後悔しないためにも、実績があり信頼できる業者を選ぶ必要があります。
自費出版するなら複数の業者に見積もりを依頼して、納得の行くまで話し合う事です。その際は、なるべく詳細見積もりをお願いして、契約するなら面倒でも隅々までしっかりと読む事です。費用に関する事で後悔する事が多い為、料金体系の確認が大切になります。
出版社選びで後悔しない為には、上手い話で勧誘したり、対応が遅い、契約書の条項が複雑であるのに契約を急がせる等の場合は、怪しいと思い少し時間と距離を開けて様子を見る事も大切です。自費出版の成功の鍵は、良い出版社を選ぶ事です。

新着情報

◎2018/2/6

自費出版の失敗例と成功例の情報を更新しました。

◎2017/12/14

メリットとデメリットの情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 費用」
に関連するツイート
Twitter

RT @tak_kubot: 奄美の #ノネコ 管理を扱った豆野くんの論文が出版されました。奄美の原生的な自然を守るため、ノネコ管理の費用を一部、観光客に負担してもらえる可能性を示しました。 #非致死的な管理 に関するお金の話を扱った論文は初めてかもしれません。オープンアクセス…

Twitterまだまだ手を洗おうキレィ *∩(´∀`)っ* キレィ海松@notumimatsu

返信 リツイート 1:10

返信先:@pajepajero 査読に費用が掛かるようになると、現状でも高い掲載料がさらに爆上げされてしまいそうな気がする・・・。そうなったときに、今の論文出版モデルは終焉する。

web図書館が普及すると出版業界はどうなるのか。これまでの図書館も反復性を持つ公共財としての本を提供していたが、複数人に同時貸出を行うには沢山の本を購入する必要があり物質的限界が出版の収益モデルを支えていた。しかし限界費用ゼロで無限に複製できる電子書籍の場合そんな限界は存在しない。

返信先:@rersampei出版しませんか? 費用はかかりますけど とか インタビューしたいのですけど お金はかかりますけど みたいなのもよくかかってきますね(笑)

Twitter業界を変える!革命を起こす!不動産専門家 🏘大西征昭@masaaki9555

返信 リツイート 昨日 20:21

自分で企画した飲み会を提携先の出版社に費用を持たせたいということを部下に説明する時に「普通に考えて」という言葉を7回発した上司(乞食乙)

【今なら出版費用15000円!!】 キャンペーン中!なんと、15000円で、あなたの原稿を電子書籍で出版いたします。 興味のある方は、是非ご連絡ください!!

Twitterブリュード@電子書籍代行@tkktyt

返信 リツイート 昨日 11:31

『ブルックナーとマーラーは、その作曲哲学や思想、年齢にも大きな隔たりがあり、マーラー自身も「私はブルックナーの弟子だったことはない」と述懐しているが、その尊敬の念は生涯消えておらず、1910年にはブルックナーの交響曲の出版のためにマーラーがその費用を肩代わりし、印税を放棄した』

解散は残念だし一寸モヤモヤする部分も有るが、良書を絶版にしない為の努力は他社も見習うべきだと思う。今なら電子書籍形式にして費用を抑えると云う手も使えるし、色々模索すべき。勿論出版業界全体の見直しの為の議論ももっと有って欲しい。> sankei.com/premium/news/2…

Twitter川流桃桜@AgainstEmpire@kawamomotwitt

返信 リツイート1 8/7(金) 23:41

返信先:@ozkszk 鈴紀先生!!!出版費用や在庫管理等大変だとは思うのですが、紙の本を作っていただけるのであればとてもうれしいです…絶対買います!!!!先生の楽な方法が一番良いと思っています。ファンとしてはどんな形であれDSを浴びるように見たいので楽しみです……

文書の内容は、『幕末防長勤王史談』の出版・頒布費用の捻出(寄附)を、木戸幸一に依頼するもので、たしか『幕末防長勤王史談』の編集部が作成したものだったか。